fasciaとは

fascia(ファシア)

筋膜とは筋肉の表面を包んでいる膜で、表層のみならず、深層にまで存在しウェットスーツのように体全体を包んでいます。さらに筋膜以外の靭帯、腱、支帯、腱膜などを総合した結合組織をfascia(ファシア)と呼んでおります。この筋膜の一部に収縮・癒着が生じると筋肉の柔軟性を損なわれ、コリや痛みの原因となります。これらが原因の痛みは筋筋膜性疼痛と表現されています。治療法としてトリガーポイント注射がありますが、この注射によって筋・筋膜のコリが軽減します。また筋膜だけではなくfasciaも一部が固くなったり癒着が生じますが、fasciaは腱や神経を覆っていますので、緊張したfasciaは腱鞘炎、神経痛、特発性神経炎(手根管症候群、肘部管症候群)といった症状を起こします。
それではfasciaの緊張の原因は何かというと、関節機能障害です。
ほとんどの痛みには、仙腸関節の機能障害が関与しているのですが、ほとんどの整形外科医はこの事実を知りません。知らないために症状として出ている部位にしか注目がいかずそこの治療のみになるためいつまでたっても治らないという状態が続きます。


エコーガイド下fasciaリリース

痛みの原因と考えられるfasciaの固くなった部位はエコーで見ると白く肥厚しています。この部位に生理食塩水を注射することで収縮部、癒着部のリリースが有効なことが筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会を中心に判明してきました。これまでのトリガーポイント注射は皮膚から触れる筋肉の固くなった部位に注射する方法でしたが直接エコーで固くなっている部位、深さを確認することにより、より効果的に行えます。麻酔薬を使用したトリガーポイント注射は保険診療で一般的に行われおりますが、より安全な生理食塩水を使用したfasciaリリースは保険診療外ですので、自費診療として行っております。
例えば腰痛は多くが仙腸関節の後方の固くなった靱帯をリリースすると腰痛が軽減します。
一般的な方法ではないためにあくまでも自費診療のみですし、こちらから勧める事もないです。